ビットコインやリップルなど暗号資産の情報サイト

未分類

バイナンス、XRPなどの証拠金取引開始へ

投稿日:

バイナンスでロング、ショート!

暗号資産取引所「バイナンス」は11日、 証拠金取引プラットフォームの立ち上げを発表した。

対象は、証拠金取引の対象となる通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、バイナンスコイン(BNB)、トロン(TRX)とテザー(USDT)の6種

現在保有している資産を証拠金として、ロング・ショートのポジションをとることができるため、トレーダーとしてはさらなる資産運用の可能性が広がる。

仕組みとしては、証拠金取引専用のウォレットが立ち上げられ、登録者が既に持っているバイナンスのウォレットとの間で手数料なしで送受金できるようになる。

もともとバイナンスを利用している人からすれば利便性は高そうだ。

ただし、 日米韓などでは利用できないという。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェイスブックの暗号資産「Libra(リブラ)」とは? │ リップルはどうなる

 フェイスブックが6月18日、独自の暗号資産「Libra(リブラ)」を発表した。以前からニューヨークタイムスの報道などで話は出てはいたが、創設パートナーにはそうそうたる大企業の名前が並び、投資家の間で …